手作り指輪を作るときの素材!金属の選び方について | 手作り指輪につかう金属って?

手作り指輪を作るときの素材!金属の選び方について

手作り指輪はデザインが選べるだけでなく、指輪の素材も自由に選べます。
結婚の手作り指輪を作る場合でも、メンズ用とレディース用で素材を分けることも可能なので、自分の好きな素材を選ぶのがポイントになります。
自分の好きなデザイン・素材にすることで、一生身に付けられる手作り指輪となり、年数を重ねていくことで素材の色合いが変わるものもあります。

▼目次

手作り指輪を作れる工房ではいろんな金属を用意してくれている!

手作り指輪を作る工房ではお客さんのいろんなニーズに答えられるように、さまざまな金属を用意してくれています。
この金属は工房では素材と呼ばれていて、自分の好きな素材を選択できるシステムになっています。
真鍮を取り扱っている工房は少ないのですが、主にプラチナやシルバー、ゴールドやチタンなどの素材を用意してくれていることが多いです。

手作りの指輪の工房なら

指輪は金属アレルギーが出てしまうことも!

金属アレルギーというのは金属が肌にふれることで起こるアレルギー反応で、金属そのものがアレルギー源となるわけではありません。
金属アレルギーは金属から溶け出した金属イオンが、人間のタンパク質と混ざりあうことで起こり、汗を掻いたときにアレルギー反応が出やすいとされています。

プラチナの素材でもアレルギー反応が出てしまうことがある!

手作り指輪を作るときはプラチナで作る人も多いですが、プラチナでもアレルギー反応が出てしまう人もいるようです。
プラチナの場合は純度100%であれば汗に溶け出すことはないのですが、工房で用意されているものは純度がPt900と言うものが多いと言われています。
主に90%がプラチナで他の10%はパラジウムが使われていて、純度を低くしたほうが加工がしやすいということから、手作り指輪の工房ではPt900のプラチナを取り扱っています。

シルバーの素材は安いという理由で人気!

手作り指輪の工房ではシルバーの素材が人気で、安いということからこの素材を使って手作り指輪を作る人が多いです。
また、手作り指輪の体験でもシルバーの素材が使われることが多いです。
ご存知の人が多いと思いますが、シルバーはプラチナに比べてアレルギー反応が出やすいので、金属アレルギーを持っている人には不向きです。
一切、金属アレルギーの反応が出ないという人にはおすすめかもしれませんが、軽度でも金属アレルギーの反応が出てしまう人はアレルギー反応が出にくい素材を選んだほうがいいと思います。

ゴールドにはいろんな色合いがあって人気!

手作り指輪を作る場合、工房には必ずと言っていい程ゴールドの素材が用意されています。
ゴールドはK18で、アレルギー反応が出にくいと言われています。
また、ゴールドはイエローゴールドやピンクゴールド、ホワイトゴールドなどもあることで人気が高い素材です。
特に、ホワイトゴールドはプラチナよりも渋い色合いで、耐久性に優れた素材だと言われています。
メンズに人気の素材で、メンズの素材に合わせる人も多いため、手作り指輪の中では人気の素材となっています。

真鍮は錆びやすいことで主に手作り指輪では使用されない!

手作り指輪が作れる工房では、プラチナやゴールドなどの一般的な素材が用意されているのが多いですが、真鍮が用意されているところはほんのわずかです。
真鍮は黄銅とも呼ばれていて、5円玉に使われている素材です。
長期間錆びにくいという特徴はあるのですが、真鍮は銅と亜鉛の合成のため水に弱いのが欠点です。
このため、湿気や汗、手の水分などで変色したり錆びやすいため、手作り指輪の工房では素材を取り扱っていないことが多いです。

手作り指輪の素材は値段や見た目で決めるのがおすすめ!

金属アレルギーが全くでない人にとっては、素材は何でもいいと答える人も多いと思います。
しかし、結婚指輪ともなれば一生身に着けるものなので、ある程度人気の素材や価値がある素材を使うのがおすすめです。
結婚指輪と言うのは一生身に着けておくものですが、結婚当初はお金がなくて後に高い指輪を買おうと相談しているカップルもいることでしょう。
肌身離さず身に着ける場合は、自分の好きな素材や自分の肌質に合っているもの、好きなカラーの素材を選ぶのがおすすめです。

手作り指輪でレディースに人気の素材

サプライズで手作り指輪を作るときは、どんな素材で作ろうか迷ってしまうことも多いですが、レディースで人気のある素材はプラチナやゴールドです。
プラチナは一般的に結婚指輪として人気の高い素材なので、手作り指輪でもプラチナがいいという人が多いです。
一方、ゴールドにはイエローゴールドやピンクゴールドなどがあり、この中でもっとも人気が高いのはピンクゴールドです。
ピンクゴールドは日本人女性にもっとも似合う素材だと言われていて、自分の手に似合いやすいカラーで、ピンク色をしていることで人気が高いです。
なので、レディースの手作り指輪を作る場合は、プラチナまたはピンクゴールドで作るのがおすすめですよ。

手作り指輪でメンズに人気の素材

メンズの場合はプラチナやゴールド、ホワイトゴールドなどが人気です。
プラチナやゴールドの手作り指輪なら、ジュエリーショップで購入したような上質な仕上がりとなり、輝きも他の素材と違ってきらびやかです。
また、プロの職人がしっかりと磨き上げてくれるため、仕事で手作り指輪を付けていても格が下がることもありません。
しかし、レディース・メンズ共に、金属アレルギーの症状が出てしまう人にはチタンで手作り指輪を作ったほうがいいと思います。
チタンであれば金属アレルギーの症状が出てしまうことがなく、かゆみや荒れなどが起こることもありませんよ。

手作り指輪を作るときは自分の好きな素材、アレルギーが出ないチタンで作るのがおすすめです。
結婚指輪ともなれば一生身に着けるものとなるので、素材となる金属は慎重に選ぶようにしましょう。

新着情報

手作り指輪を作るときにおすすめの金属

一生身に着ける結婚指輪を手作りで作りたいという人も多いと思います。
手作り指輪を一緒に作ればいい思い出となり、作成中に動画も撮影してくれるので結婚式の披露宴で手作り指輪を作成している動画を流すことも可能です。
手作り指輪を作ろうと思っている人たちの中には、どんな金属がおすすめなのか分からないという場合が多いので、手作り指輪でおすすめの金属についてご紹介をしていきます。
手作り指輪を作るときにおすすめの金属 の続きを読む

金属アレルギーの症状が出てしまうならチタンがおすすめ

手作り指輪を作ろうと考えたとき、金属アレルギーの症状が出てしまうことを考えてしまう人も多いと思います。
軽度でも金属アレルギーの症状が出てしまう場合は、チタンの金属を選ぶのがおすすめです。
チタンの金属であれば金属アレルギーの症状が出てしまうことは少ないので、チタンの素材が用意されている工房を探しましょう。
金属アレルギーの症状が出てしまうならチタンがおすすめ の続きを読む

メンズの手作り指輪を作るときにおすすめの素材

メンズの人が手作り指輪を作るのであれば、仕事で身に着けていても見た目がゴージャスすぎない素材を選ぶのがおすすめです。
プラチナやゴールドと言った素材は一般的で、他の人とは違う素材で作りたいという人もいるでしょう。
そんなときは、ホワイトゴールドがおすすめですよ。
メンズの手作り指輪を作るときにおすすめの素材 の続きを読む

レディースの手作り指輪を作るならこの素材がおすすめ

手作り指輪を作る場合は、レディースの中でも人気の高い素材を選んだほうがいいと思います。
レディースで人気のある素材は、主にプラチナやゴールドです。
これらの素材が選ばれる理由には加工がしやすい、デザインがしやすい、変色や変形がしにくいというという特徴があります。
これらを重視して、手作り指輪を作れば生涯大切に身に付けられる指輪となるでしょう。
レディースの手作り指輪を作るならこの素材がおすすめ の続きを読む

手作り指輪を作るときの素材選び

手作り指輪を作るとき、どんな素材にしようか迷ってしまうことも多いですが、おすすめとしては自分の好きな素材、色合いをしているものを選んだほうがいいと思います。
こういった素材を選ぶことでお気に入りの手作り指輪となり、一生涯大切にしたいと思える指輪になるでしょう。
ペアリングでおすすめの素材、結婚指輪や婚約指輪でおすすめの素材についてご紹介をしていきます。
手作り指輪を作るときの素材選び の続きを読む